究極!正しい医療保険探し

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的なギャンブルとの違い

何も医療保険に限った話ではありませんが、保険というものは、保険料を支払ったからと言って、必ずしもその金額に見合った見返りがあるとは限らないという性質があります。
また、その反対に、支払った金銭よりも、多くのメリットを享受するケースも少なからずあることと思われます。
そのような事情を考慮すると、保険は、ギャンブル的なファクターを多分に含む商品であることがうかがい知れます。
したがって、そういったハイリスク・ハイリターンな保険商品に対して、少なからず不安を抱いたり、より一層堅実な資金計画を立てたりしたい場合には、保険へ加入するのを見合わせて、自ら貯蓄をおこなうなどといった選択をした方が良いかも知れません。
ただし、他のギャンブルの中には、賭け金を支払ってから、間もなく勝敗がわかり、報奨金の清算がおこなわれるケースが多いようです。
それに対して、保険の場合には、一生涯など、長い期間にわたって、不測の事態が発生した時の費用を補てんする機能が備わっているという特性があります。
そのような事情から、保険に加入することによって、実際に得られる金銭的なメリットを求めるよりも、将来に対する不安を少なくしたり、日々の生活を安心して送ったりすることを望む人たちが多いのではないかと考えられます。
また、如何に多くの金銭的メリットが得られるからと言っても、保険金が下りるということは、病気や怪我をして、入院や手術などといった医療行為を受ける事案が発生することが必要不可欠なファクターとなります。
こちらの性質も、一般的な賭けごととは異なるものになります。
他の賭けごとでは、支払った金銭が無駄になることはあったとしても、そのように身体的、精神的なリスクを被る心配はないものと思われます。
また、一般のギャンブルでは、勝つことを心から願って資金を投じるのが一般的ですし、もしも予想が当たって、報奨金を得ることが出来たとすれば、無条件に喜ぶことが可能となるでしょう。
それに対して、医療保険などでは、たとえ保険金が下りたとしても、そのような事案が発生すれば、苦しみや悲しみなどといった身体や精神の状態が先行して、決して喜ばしいと感じることはないものと思われます。
そういう事情を綱領に入れれば、保険では、保険料を支払って、不測の事態に備えながらも、実際にはそうした事案が発生してほしくないと考えるのが、加入者の心理というものではないでしょうか。
Copyright (C)2017究極!正しい医療保険探し.All rights reserved.